マイカーローンの金利が高いと感じている方は、低金利のマイカーローンへの借り換えを検討してみましょう。

マイカーローンの金利タイプ

マイカーローンには金利のタイプが2種類用意されています。金融機関によって取り扱いのあるところと無いところがありますが、変動金利と固定金利となります。

意味は読んだままで大体のイメージは出来るかと思いますが、それぞれの金利の良い点や悪い点、気をつけるべき部分について、しっかりと知っておきましょう。

変動金利の利点と欠点

多くの金融機関のマイカーローンで用いられているのが、変動金利です。新規申し込み時には毎月変動する金利を元にして契約金利が決まり、契約中に関しては年に2回の金利見直し時に適用金利が変わる金融機関が多くなっています。

金利変動のリスクがありますので、現在は低金利でもどんどんと金利が上がってしまう可能性もあり、ローンの残額や支払いの計画をしっかりと確認してから利用する必要があります。もちろん変動する金利は何も上がるだけではないので、逆に金利の低下となる可能性もあります。

変動金利は固定金利に比べると数パーセント単位で低金利となっている場合が多いため、しっかりとした支払い計画の下で利用出来るのであれば、賢いマイカーローンが組めると人気です。

固定金利の利点と欠点

金融機関で組むマイカーローンではそこまで見かけない固定金利は、契約時から支払い終えるまでの金利が変動しないタイプとなります。金利の変動に合わせて支払い計画を立て直す必要が無い代わりに、変動金利よりも金利が高くなるのがデメリットです。

契約時点では金利で見れば「固定金利>変動金利」ですが、将来的に金利が上昇すると考えるなら、固定金利の方が利息負担は軽くなるケースもあります。

しかし、マイカーローンの返済期間、利用期間を考えると、住宅ローンほどの長期スパンではありませんので、実際には固定金利で得られるメリットが少ないのが現状です。

トップへ戻る