マイカーローンの金利が高いと感じている方は、低金利のマイカーローンへの借り換えを検討してみましょう。

免許ローンの金利は高い

未成年の方なら仕方ありませんが、成人をしている方が運転免許を取得しようとした際に組む免許ローンは、クレジット会社を使うと金利が高くなってしまいます。

手軽さで人気のとあるクレジット会社の免許ローンでは、金利は実質年率で13.0%ほどとなっています。30万円を36回払いで借りてしまえば、利息は定収的に63,897円にもなり、非常に大きな負担が強いられてしまうのです。

クレジット会社で組めるローンは銀行などのマイカーローンよりも審査基準が低いとは言われていますが、だからと言って高い金利でローンを組む必要はありません。銀行でマイカーローンを組める方なら、免許取得費用として申し込みをしてみるのも良いのです。

意外と幅広い使い道

マイカーローンと聞くと、それこそマイカーの購入にしか使えないような気がしてしまいます。しかし、運転免許の取得はもちろん、車の修理や車検、付属品の購入、その他、車庫の新改築費用としても使えるところもあります。

借り換えとしてもマイカーローンが使える金融機関がほとんどであり、簡単に言えば「車に関すること」であれば幅広く使えるようになっているのです。

マイカーローンで免許取得

18歳に成り立てですぐに運転免許が欲しい場合には、なかなか一括では教習所の代金等を支払えないものです。何だかんだで込み込み30万円を超えてくるほどの出費となりますので、親に立て替えてもらうか、または自分でローンを組む方が多いです。

未成年の方は金融機関でのローンも組めない場合が多いため、どうしても教習所で組むクレジット会社の免許ローンを使ってしまうものですが、地方銀行の中には未成年の方でも法定代理人の同意があれば利用可能とするところもあります。

法定代理人とは親権者のことであり、申し込みにあたって、または利用にあたって同意を得られればマイカーローンを免許費用として利用出来るようになります。

保証人ではない同意

クレジット会社で組むローンの場合には保証人が必要となるケースもありますが、金融機関でのマイカーローンは基本として担保も保証人も不要としています。

法定代理人の同意が必要となる金融機関のマイカーローンであるとしても、保証人ではなくあくまで同意ですので、事前に親権者に説明をしておくと手続きもスムーズに進むことでしょう。

  • 低金利で安心のマイカーローン

免許ローンに比べて低金利となりますので、マイカーローンで免許の取得費用がまかなえれば返済も安心して行えます。月々の収入が決して多くは無い方にとっては、低金利で借りられるのは大きなポイントとなります。

第00位

住信SBIネット銀行マイカーローン

保証料は金利に含まれているために不要となる、低金利で借りられる頼れるマイカーローンです。

変動金利借入金額借入期間担保・保証人
1.075%~7.975%10万円~1,000万円1年~10年不要
借り換えにも人気の、住信SBIネット銀行が提供する低金利マイカーローンです。申し込みから契約、借り換えの実行まで来店不要であり、Web上と郵送での手続きで完了する手軽さが魅力です。借り入れ金額が100万円までなら収入証明も不要ですので、多くない金額の借り換えにも好評であり、車の購入以外にも免許の取得や車検代金、修理費用などにも使えるため、幅広い用途で役立つマイカーローン利用が出来るのです。
住信SBIネット銀行マイカーローン
公式サイトで詳細を見る
トップへ戻る