マイカーローンの金利が高いと感じている方は、低金利のマイカーローンへの借り換えを検討してみましょう。

マイカーローン審査で知るべき点

マイカーローンと言えば聞こえは良いですが、結局は借金となります。借金の際には当然ながら審査が必要となり、審査結果によってはマイカーローンが利用できない方も出てきてしまいます。

本人の収入や信用だけでは弱い方は、保証人を立てることでマイカーローンが利用出来る場合もありますが、担保や保証人を不要としている金融機関の場合には、保証人による信用の強化は行えません。

あくまで自身に対する審査となりますので、申し込みをする前にマイカーローン審査におけるマイナス点などを知っておきましょう。

マイカーローン審査を受ける前に

マイカーローンは通常であれば本人に安定した収入を持つ方が組むものです。しかし、ディーラーのローンの場合には専業主婦の方でも、配偶者名義でローンを組んだり保証人になってもらったりすれば、ローン審査も通るケースが多いです。

ディーラーで組むマイカーローンは審査基準が低いためであり、その分だけ金利が高くなっているデメリットはありますが、金融機関でのローンが組めない場合の救済的な意味合いもあります。

  • 金融機関のローンは安定収入が必須

金融機関で組むマイカーローンには、それぞれで定める利用条件を見たさないとまず審査には通りません。安定した収入の中にも「前年度年収が税込みで○○万円以上」などの条件が設けられている場合もありますので、よく確認をしておきましょう。

  • 信用情報に問題があると通らない

以前にどこかのクレジットカードやカードローンの支払いが大きく遅れたことがあったり、過去に債務整理によって借金を整理している方は、信用情報機関に事故情報として扱われる「異動」の記載がされている場合がありますので、マイカーローン審査においては大きく不利となってしまいます。

  • 他での借り入れが多いと厳しい

返済は遅れていないとしても、他の消費者金融や信販系業者、銀行のカードローンなどの借金が複数ある方は、利用金額の大きくなるマイカーローン審査では、やはり不利となってしまいます。なるべく借金を片付けるなどして、残債を減らした状態で申し込みましょう。

信用情報は他でも汚れてしまう

最近ではスマートフォンの分割払いで購入をするケースも多く、各携帯電話会社も「分割払いで実質○○円」などとしているため、本体代金を12回や24回の割賦払いとして支払っている方も多いです。

手軽に分割で買えるためにあまり意識をしないものですが、スマートフォン本体代金の割賦払いついては「割賦販売法」に基づく契約となり、月々の支払い履歴も信用情報機関に記録されています。つまり、本体代金の残がある状態で毎月の携帯電話の請求を遅れて支払っていると、言ってみればクレジットカードの支払いが遅れてしまっているのと同じような状態となってしまいます。

クレジットカードやカードローンで借金をしたことがないのにマイカーローン等の審査が通らない方で心当たりのある方は、気になるようであれば信用情報機関で開示請求をしてみると良いでしょう。

第00位

住信SBIネット銀行マイカーローン

保証料は金利に含まれているために不要となる、低金利で借りられる頼れるマイカーローンです。

変動金利借入金額借入期間担保・保証人
1.075%~7.975%10万円~1,000万円1年~10年不要
借り換えにも人気の、住信SBIネット銀行が提供する低金利マイカーローンです。申し込みから契約、借り換えの実行まで来店不要であり、Web上と郵送での手続きで完了する手軽さが魅力です。借り入れ金額が100万円までなら収入証明も不要ですので、多くない金額の借り換えにも好評であり、車の購入以外にも免許の取得や車検代金、修理費用などにも使えるため、幅広い用途で役立つマイカーローン利用が出来るのです。
住信SBIネット銀行マイカーローン
公式サイトで詳細を見る
トップへ戻る