マイカーローンの金利が高いと感じている方は、低金利のマイカーローンへの借り換えを検討してみましょう。

プランによって異なる返済

マイカーローンには様々な返済方法や金利設定、プランが用意されています。その中の一つである、残価設定型ローンはご存知ですか?

もしかしたら、あまり知られていないマイカーローンプランかもしれませんので、ここで詳しくお話しさせていただきます。

残価設定型ローンとは?

マイカーローンの残価設定型ローンとは、車の購入代金の全てをマイカーローンとして組むのではなく、3年から5年後の下取り価格分を引いた金額をマイカーローンとして組み、返済していく形式のものです。

つまり、3年から5年後の下取り価格分が残価となるわけですが、残価を支払わなくてもいい場合と、残価でまたマイカーローンを組んで返済していく方法があり、それは購入した車をどうするかによって方法が変わってくるのです。

残りの返済金はどうする?

残価、つまり残りの返済金は一体どうなるの?と誰もが疑問を抱くことでしょう。残価以外の代金のマイカーローン返済が終わりかけてきた頃に、マイカーローン会社から残価について尋ねられます。

残価の処理方法には3通りあります。

一つ目は、現在の車は手離して新しい車に買い換えるパターンです。この場合、同じお店で新車を買えば、現在の車に対する残価の支払いはなくなります。

二つ目は、単純に現在の車を返却するパターンです。この場合も、残価の支払いがなくなります。

そして三つ目がまだ今の車に乗りたいし、完全に自分のものにしたいから残価を一括かローンで支払うパターンです。

最初に残価を設定して、残価になるまでローン返済ができたら、この三つからどうするかを選択できるのが残価設定型ローンのメリットです。

残価設定型ローンの注意点

支払い総額が安くなるので毎月の返済額も安くなり、返済の負担が軽減できる上に、残価の処理について選べるのが魅力的な残価設定型ローンですが、いくつかの注意点もあります。

新車を買うか、車を返すかの場合は残価支払いがなくなりますが、新車を買うのも、車を返すのも、同じお店でなくてはいけません。ですから、引っ越しや転勤などの予定がある場合は、残価設定型ローンは不向きです。

また、車の改造などのドレスアップが好きな方も残価設定型ローンは不向きかもしれません。新車を買う場合も、車を返す場合にも、買った時の状態でないとお店に受け入れてもらえないからです。並びに、事故車や傷がある場合も車を引き取ってはもらえないので、残価を支払わなければいけなくなります。

その点に注意して、自分に相応しいと思うのであれば、残価設定型ローンを選ぶとメリットが多いです。

トップへ戻る